4/10試験日から逆算してスケジュール感を理解する

資格試験10のコツ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんは資格試験の勉強を始める前に、試験日から逆算してスケジュール感を掴んでしますか?

下の記事でもお話しましたが、まずはどれくらいの勉強時間が必要か調べましょう!

おおよその勉強時間を掴んだら、今度は試験日から逆算して考えて行きます。

簿記3級と宅建士を例に考えてみましょう。

簿記3級の場合

簿記3級は例年2,6,11月の年3回の受験機会があります。

勉強時間の目安は100時間ほどと言われていますので、1日1時間勉強すると仮定すると約3ヶ月の勉強が必要です。(個人によって異なるのであくまで目安です)

・3月から勉強開始すると、次の試験は6月で4ヶ月後
→・6月受験なら無理なく勉強できそう。

・5月から勉強開始すると、次の試験は6月で2ヶ月後、その次は11月で7ヶ月後
→①6月受験なら、結構頑張って勉強しよう!
→②11月受験なら、いますぐやらず8月から勉強を始めよう。
  8月までは読書や趣味をしよう!

宅建士の場合

宅建士は例年10月に試験があります。簿記とは異なり年1回しか受験機会がありません。

勉強時間の目安は400時間ほどと言われていますので、1日2時間勉強すると仮定すると約6ヶ月の勉強が必要です。(個人によって異なるのであくまで目安です)

・5月から勉強開始すると、試験は10月で6ヶ月後
→・10月合格を目指して頑張ろう!

・8月から勉強開始すると、試験は10月で3ヶ月後、その次の試験は1年後の10月
→①3カ月後の試験に向けて、かなりの時間を割いて勉強しよう!
→②今年は諦めて、来年の10月に受験しよう。
  勉強開始は来年の5月からにして、それまで、簿記2級の勉強をしよう!

こんな感じで勉強を始める前にスケジュール感を理解しておくのをお勧めします!

↓TOEIC対策にはこちらがおすすめ↓


また自分が追い込みタイプなのか、コツコツタイプなのかによって選択も変わってくると思います。

追い込みタイプ

メリット :勉強期間が短くて済む。

デメリット:早起きして勉強時間を捻出したり、土日に長時間の勉強が必要になる。
      勉強期間はかなり頑張る必要がある。

コツコツタイプ

メリット :毎日の勉強量はそこまで多くない。

デメリット:勉強期間が長くなるため、地道に継続できるモチベーションが必要になる。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

ちなみに私は完全なコツコツタイプです。

プライベートの時間を大切にしたいタイプなので、朝の時間を活用して勉強し、仕事後や土日の10時以降は家族との時間にしていました。

いずれにしても楽に合格する方法はないと思っています。

試験日からの逆算と自分のタイプを考えて、無理のない選択をしてください!

Zoomでセミナーを開催しておりますのでご興味のある方は是非ご参加ください。

「【オンライン開催】初心者向け資格試験合格のコツセミナー!」by 小野 佑介|ストアカ
取り組み方のコツを知れば誰でも合格に近づけます!!

コメント