5/10スケジュールを作成し、一日のノルマを決める

資格試験10のコツ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんは資格試験の勉強をしている時、スケジュールを作成していますか?

作成している方はどのようなスケジュールでしょうか?

今回お話しする「スケジュールを作成し、一日のノルマを決める」は資格試験を合格する上で最も大切だと私は考えています!

スケジュール作成ができるようになり、そのスケジュールを着実にクリアできれば、合格に限りなく近づいたと言っても過言ではないと思います。

※下の記事をまだ読んでいない方は先に読んでから続きをご覧ください。

前提のお話として、スケジュール作成と相性が良いのはコツコツタイプの方です。

ただ私は、追い込みタイプの方にもスケジュール作成するのをお勧めしています。

理由として、スケジュール作成することで自分が取り組むべき勉強量を可視化でき、現状把握からの改善がしやすくなるからで、これはどちらのタイプにも当てはまるからです。

それでは具体的なスケジュール作成方法を説明していきます。

まずExcelでも手書きでも良いので下のような1ヶ月分のカレンダーを作成してください。

一日のノルマを決めて、1週間×4週で1ヶ月分を埋めていきます。

やってみると分かるのですが、一日のノルマを決めるのは結構難しいです。

なぜなら自分自身でいつまでに、何をやるのか決めなくてはいけないからです。

私の場合は、試験日の2週間前までには問題集を最低3周は解いて、8~9割は出来る状態にしておき、最後の2週間は総復習に当てるというスケジュール感で毎日のノルマを決めていました。

↓TOEIC対策にはこちらがおすすめ↓

1つの問題集(210ページ)を1ヶ月で3週すると決めた場合のスケジュールはこんな感じになります。

①問題集の1週目は時間が掛かるので、15日間費やす=1日14ページ
②2週目は1週目で間違えた問題のみで、7日間費やす=1日30ページ
③3週目は2週目でも間違えた問題のみで、5日間費やす=1日42ページ

1日何時間勉強するという決め方より1日何ページやるといった決め方をぜひして下さい!

ノルマが終われば、あとは自由時間になるので、集中して問題に取り組めるようになると思います!

Zoomでセミナーを開催しておりますのでご興味のある方は是非ご参加ください。

「【オンライン開催】初心者向け資格試験合格のコツセミナー!」by 小野 佑介|ストアカ
取り組み方のコツを知れば誰でも合格に近づけます!!

コメント